スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

鈍器と美食家

カテゴリー: MHF

数ある武器の中で、最も高い攻撃力を誇るハンマー。
その形状ゆえガードはできないが、フットワークの軽さがそれを補う。
さらに打撃系の武器はモンスターの頭を集中的に狙えばスタンさせる事もでき、
それにより攻撃のチャンス、仲間の生存率も大幅に上がる。
熟練者が扱えば、恐るべき効果を発揮する必殺の武器である。

…とは言うものの、俺はハンマーの扱いはあまり得意ではなかった。
だが今回はその不得手のハンマーを担いでいかなければならない。

狩場には慣れた獲物で行きたかったのだが…
read more...
スポンサーサイト

鎧竜殺し

カテゴリー: MHF

「旦那さん、あの鎧竜殺しを知らないのニャ?」

料理の手を止め、給仕猫が驚いたとばかりに目を大きくする。
その澄んだ大きな目には、俺の姿が映りこむほどである。

この世界に生きていると、様々な英雄譚を耳にする。
腕の良い一流のハンターともなれば、皆から羨望の眼差しを受けるものだ。

たった一人で強力なモンスターを討伐する者。
モンスターの生態、行動を研究し、ハンター達に貢献する者。
愉快な手記を発行し、人々を楽しませることに尽力する者。

世の中には多種多様なハンターが存在する。
だが給仕猫の言う「鎧竜殺し」と呼ばれるハンターの話は、全く知らなかった。
俺もハンターとしての経歴は長いほうだが、そんな話は初耳だった。

「シャイな性格だったから仕方ニャイか。人前にはほとんど出なかったニャ。」

給仕猫が意気揚々と話を続ける。

「あれはすごかったニャ。ボクたちの集落を荒らしまくっていた沼地のグラビモス2頭を
 たった一人で倒してくれたのニャ!そりゃもう蜂の巣になってたニャ!」

それで付いた字が「鎧竜殺し」ってわけか。
沼地のグラビモス2頭といえば、通常種と亜種を相手にしなければならない。
成功すれば巨額の報酬が望めるが、熟練のハンターでも手こずる難度である。
それを一人で討伐したとなれば、相当な腕の持ち主だろう。
蜂の巣にしたということはガンナーだろうか。もしくはランス使いか。
残念ながら既に引退してしまったようだが、いつか会ってみたいものだ。

「おっと、そろそろ行かなきゃな」

まだ話を聞きたかったが、少々用事がある。戻ったら続きを頼もう。
俺は給仕猫に手渡された荷物を携え、猟団部屋へと足を運んだ。
read more...

リンクのご案内

カテゴリー: MHF

新しいリンクのご案内です!

みどみどですけど。。。ナニカ?
みどりなもの大好きな?みどさんのブログです^^
全体的にみどり色な可愛らしいデザインが癒されますw
特筆すべきはその文才!読む者を惹きつけて離しません!
私にもその才能を少し分けてくださいw

千里同風-blog
ゲーム内での出来事やイラストを掲載中の千里さんのブログです^^
楽しい記事も見ものですが、個性的なかわいいイラストがGJ☆
モンスターあり、ハンターあり。千里さんの目に映るMHの世界が伺えます^^
…私、しくし~なイラスト、大好きです(*ノノ)キャ

団長も妄想に磨きをかけて頑張りますので!wどうぞよろしくです^^w

桜咲くその頃に

カテゴリー: MHF

確かに、話には聞いてた。

俺の友達にも実際にそういったヤツはいる。
本人は至って幸せそうだったし、もちろん俺も祝福した。

でも正直、それが信じられなかった事は否めない。

それは「ネトゲで知り合った者同士の結婚」だ。

こんな事を言う俺は古いタイプの人間なのかもしれない。



だが、それが自分の事となれば話は別だ。
俺は今、幸せの絶頂にいる。

毎日が輝いてみえる。

何気無い、ちょっとした事で笑える自分がいる。
read more...
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。